野菜をメインとして作るケーキのレシピ

野菜をメインとして作るケーキのレシピ、第二弾だ。
温かいままでも冷たくしても喜ばしいケーキですが、なんだと思いますか。
かぼちゃとして蒸して創るプリンだ。
敬老のお日様の手土産にもぴったりな健全さですね。
ぜひあま味の硬いかぼちゃを使うことで、砂糖の量も減らすことができます。
一先ず、レシピには砂糖の値を書いておきますが、かぼちゃの甘さや好みによって調子ください。
お年寄りだけでなく、お子さんも大好きな味だので、ご一緒に作って下さい。
こういうプリンも敬老のお日様だけではなく、かぼちゃが用いきれない状態など、いつでもおやつやケーキとして作れますね。
≪ネタ(5~8個パイ)≫
・かぼちゃ…300g(根本や皮は使いませんので、それらを除く値だ)
・砂糖…70~100g(カボチャのあま味によって調節して下さい)
・胸…400cc
・卵…2個
・生クリーム…100cc
・バニラ要…僅か
・カラメル出所のためのグラニュー糖…大さじ8状況
・水…大さじ8
≪製法≫
1、かぼちゃは種を取って皮をむき、ゆでるか蒸すか電子領域か、お好きな方法で柔らかく行う。
2、ほどよい柔らかさになりましたら、アッという間に潰しておきます。
3、砂糖と胸、バニラ要4~6滴状況を鍋に入れ、素肌状況になるくらいまで温めます。
4、潰したかぼちゃに3を加えて、少々冷やします。
5、冷めたらミキサーに入れて、もっと卵と生クリームも入れて、なめらかになるまで回します。
6、プリンの舌ざわりを良くするために5をこします。
7、カラメル作りは、グラニュー糖と水大さじ4を鍋に入れて弱火で2~3分状況煮詰め、色つやが変わったところで火を止めて、グングン大さじ4の水を加えて冷やします。
8、プリンの範疇に先ずカラメル出所をいれてから、カボチャをこしたものを入れ、蒸し器で半状況蒸します。
竹串などを刺してみて、なにもついてこなければ完成だ。
蒸して完成させるプリンなので、最初にかぼちゃを柔らかくするときは、電子領域を使えばお手軽にラクラクできます。
プリンの範疇ごとラッピングして、敬老のお日様の贈与にすると眩しいですね。あの成分の効果と副作用